So-net無料ブログ作成

景気判断、10地域で据え置き=雇用情勢厳しく−財務局長会議(時事通信)

 財務省は29日、全国財務局長会議を開き、各地域から2009年10〜12月期の経済情勢について報告を受けた。自動車などの生産活動は持ち直しているが、雇用情勢は引き続き厳しく、沖縄が下方修正し、他の10地域は景気判断を据え置いた。この結果、全国の総括判断も「生産活動が上向くなど一部に持ち直しの動きがみられる」と前回を踏襲した。先行きについては、雇用情勢や海外経済の動向が主な懸念材料とした。 

【関連ニュース】
円、90円台前半=米FOMCを受け反落
景気判断据え置き=住宅は「持ち直し」に上方修正
東海など4地域で上方修正=他は横ばい
極めて緩和的な金融環境維持=日銀支店長会議で白川総裁
日銀、物価「0%以下は許容せず」=デフレ克服へ事実上の「時間軸政策」を導入

亀井金融相「神戸の少年ではないが純ちゃんは郵政を切り刻んだ」(産経新聞)
橋下府知事、府市連携から再編 「決別」の狙いは? (産経新聞)
センター追試開始 例年より1週間遅れ(産経新聞)
NHKの福地会長、改めて辞意認める(産経新聞)
児童虐待も匿名通報=2月から対象を拡大−情報に最高10万円・警察庁(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。